台風接近等に伴う学校での対応について

保護者の皆様

小金井市立東小学校
校長 不破 淳一

 小金井市教育委員会の防災対応基準では、午前7時現在で、多摩北部地域に「暴風警報」が発令されている場合は休校となっています。
 本年度、本校では児童の安全を考え、これに準じ、下記のように対応しますのでご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。

  1. 当日、午前7時までに多摩北部(小金井市)に「暴風警報」が発令され、7時を過ぎても解除されない場合は、休校とします。
  2. 当日、7時過ぎに上記の警報が発令された場合、登校前の児童は登校を見合わせ、自宅待機として下さい。登校中、登校後の発令で児童が学校に居る場合は、学校で安全確保のため待機させます。 下校については、気象や通学路の状況等を考慮し、集団下校または保護者の引き取りとし、メール等でご連絡いたします。
  3. 学校の判断にかかわらず、ご家庭で通常の登校時刻で登校を見合わせることを判断された場合は、8時~8時30分までに学校へ電話にてご連絡ください。(通常は連絡帳での連絡をお願いしていますが、この場合は電話で結構です)
平成25年度までは「大雨警報」も休校の対象でしたが、26年度より休校は「暴風警報」のみとします。これは小金井市教育委員会の防災対応基準に準拠したものです。