本文へスキップ

「あたりまえのことを、あたりまえに〜みんなが輝く小金井一中〜」で生徒の未来を創造します

電話でのお問い合わせはTEL.042-383-1161

〒184-0005 東京都小金井市桜町2-3-15

特別支援教育SPECIAL NEEDS EDUCATION

特別支援教育の推進

 障害のある生徒が個々の教育ニーズに応じた指導を受けられるように併置されている知的障害固定学級及び自閉症・情緒障害固定学級による教育の充実を目指しています。特に、「交流及び共同学習」を障害のある子どもとその教育に対する正しい理解と認識を深める機会とらえ、その充実にも取り組んでいます。また、校内研修を実施し、指導内容や指導方法の研究に取り組んでいます。
 また、通常の学級に在籍する生徒のうち通級指導学級における支援を必要とする生徒の指導を充実させるために、小金井市立緑中学校のI組(通級指導学級)との連携も深めています。
 週1回開催される校内委員会で各学年からの情報をもとに、特別支援教育コーディネーターが中心となってきめの細かな対応が図れるように努めています。
 さらに、特色ある教育活動として、小金井特別支援学校との交流活動を進めています。


本校の特別支援学級(固定)の紹介

 平成25年4月1日、本校に自閉症・情緒障害特別支援学級「I組」と知的障害特別支援学級「G組」が設置されました。各学級とも通常の学級の生徒との交流も深めながら、教育活動を進めています。

【I組(自閉症・情緒障害特別支援学級)】
 I組は、コミュニケーション等の面で通常の大きな集団での生活が難しく、小集団や個別での指導が必要な状況にある生徒のために設置された固定式の特別支援学級です。(自閉症、情緒障害、学習障害、注意欠陥多動性障害等を対象としています。)現在、小金井市立中学校には固定式の自閉症・情緒障害特別支援学級は本校にしかありませんので、市内全域を対象学区として生徒の受入れをしています。

 教育課程は、「各教科、道徳、特別活動、総合的な学習の時間」(基本的に通常の学級に準ずる内容)の指導に、「自立活動」を加えたものとなっています。「自立活動」とは、学習上または生活上の困難を改善・克服することを目的とした活動で、小集団での活動や生活を通して、困難を克服する力や社会スキル、コミュニケーション力を養います。
 また、授業や行事の際に「交流学級」として通常の学級や学年集団に入って活動あるいは学習をする「交流及び共同学習」を進めています。
 中学校卒業後の進路については、通常の学級の生徒と同じように進路指導が行われます。

・I組の教育目標
ア 学習・生活上の困難を主体的に改善し、社会生活に適応できる力を育成する。
イ 自らの特性を知り、自立した社会参加を実現するための生きる力を育成する。
ウ 基礎的・基本的な知識や技能を習得し、課題を主体的に解決していく力を育成する。

・I組の教育目標を達成するための基本方針
ア 生徒個々の障害の特性に応じ、指導目標や具体的指導内容を明確にした個別指導計画を作成し、生徒・教員・保護者の共通理解のもと指導を進める。
イ 生徒個々のニーズを把握した個別の教育支援計画を作成し、家庭・地域・医療及び専門機関等と連携して、一貫した教育支援を行う。
ウ 生徒の障害の状態や特性に応じた個別指導を重視し、必要に応じて指導形態や集団の構成を考えた学習環境を設定する。

・行事や部活動への参加について
 行事…原則として通常の学級と同じです。I組独自の校外学習が各学期1回予定されています。運動会やふじがね祭(合唱コンクール)は、一人ひとりの状況に合わせながら、交流学級で通常の学級の生徒と一緒に参加をするようにしています。2年生の移動教室、3年生の修学旅行も通常の学級と一緒に出かけます。

 部活動…参加は任意ですが、希望により通常の学級の生徒と一緒に部活動に取り組んでいます。平成27年度は、卓球部、陸上部、美術部、ハンドクラフト部、合唱部、鉄道研究部に参加している生徒がいます。


(I組少人数指導用教室)

(I組普通教室)

(I組個別学習用スペース)



【G組(知的障害特別支援学級)】
 G組は、通常の学級での学習に困難が伴う知的障害のある生徒のために設置された固定式の特別支援学級です。(知的障害のある方を対象としています。)現在、小金井市立中学校には本校と小金井第二中学校に知的障害の固定学級がありますが、本校のG組はJR中央線の北側にお住まいの方を対象としています。

 教育課程は、「国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、職業・家庭、外国語」の各教科と「道徳」、「総合的な学習の時間」、「特別活動」に「日常生活の指導」と「作業学習」を加えたものとなっています。
 また、行事の際にはできるだけ通常の学級の生徒との交流が図られるようにしています。
 卒業後の進路については、一人ひとりの状況、希望によってそれに合わせた進路指導が行われます。

・G組の教育目標
ア 豊かな生活を送るために必要な基本的生活習慣を身に付け、社会に適応できる力を育成する。
イ 生徒個々の特性に合った自立と社会参加を実現するための生きる力を育成する。
ウ 健康で豊かな生活を送るために必要な知識、技能、体力を主体的に学ぼうとする姿勢を育成する。

・G組の教育目標を達成するための基本方針
ア 生徒個々の障害・発達・生活の様子・生活年齢に応じ、指導目標や具体的指導内容を明確にした個別指導計画を作成し、生徒・教員・保護者の共通理解のもと指導の充実を図る。
イ 生徒個々の障害の状態に応じた個別の教育支援計画を作成し、地域・医療・専門機関等と連携して、一貫した教育支援を行う。
ウ 望ましい社会参加を目指し、生活に直結した場面設定や題材、具体的・体験的な学習活動を充実させ、日常生活や社会生活に必要な技能や習慣を身に付けさせる。
エ 生徒個々の特性に合った将来の就労を実現するため、キャリア教育を系統的・計画的に行い、就労に必要な基礎的な知識や技能及び態度を体得させる。

・行事等への参加について
行事…原則として通常の学級と同じです。G組独自の校外学習や清里への2泊3日の宿泊学習、他校の知的障害特別支援学級との球技大会、マラソン大会、劇と音楽の会などがあります。運動会やふじがね祭(合唱コンクール)は、G組として参加をしています。

その他…週1〜2回放課後の時間に東京学芸大学の和太鼓サークルの方に来ていただき、和太鼓演奏の指導を受けています。


(G組木工調理室・調理)

(G組普通教室)

(G組木工調理室・木工)


本校の特別支援学級への入学、転学について

 本校のI組、G組への入学、転学には特別な手続きが必要となります。小金井市立小・中学校に在籍されている場合には、在籍校の担任の先生等にまずご相談ください。現在小金井市外にお住まいで将来本市に転居の予定のある方は、小金井市教育委員会学務課学務係に直接お問合せください。
 特別支援学級についてのお問合せは、小金井市教育委員会学務課学務係(042−387−9874)と小金井市教育委員会指導室指導係(042−387−9877)で受け付けておりますのでご利用ください。
     

本校の特別支援学級の説明、授業参観について

 I組、G組とも学級の説明や授業参観をお受けしています。それぞれ、個別の対応を原則とさせていただいています。I組、G組の学級の説明や授業参観についてご希望がある場合には、小金井市立小・中学校に在籍されている場合には、在籍校の担任の先生等にまずご相談ください。小金井市立小・中学校以外の学校に在籍されている場合は、小金井市教育委員会学務課学務係(042−387−9874)に直接お問合せください。


※I組、G組の説明や授業参観についてご不明な点などございましたら、本校副校長までお問合せください。
 電話 042−383−1161

information

小金井市立小金井第一中学校

〒184-0005
東京都小金井市桜町2-3-15
TEL.042-383-1161
FAX.042-382-0401


気象庁防災情報(小金井市)

大災害発生時の対応

いじめ防止基本方針



WEB公開のガイドライン