学校紹介

小金井市立小金井第二中学校校歌

小金井第二中学校校歌

◆楽譜PDF(別ウィンドウで開きます)

 

校章と由来

本校の校章は、栗の若葉二枚のデザインで、若葉で若人を、二枚で二中及び「愛と学」とを象徴したものです。
当地は、栗の実の名産地として、その由来すこぶる古く、江戸時代には毎年将軍への献上品であったといいます。現に学校付近に栗山通りという地名が残っているほどです。
この地域ゆかりの栗を校章に取り入れたいものと考え、全職員と共に、いろいろと検討し合って、本ぎまりとし、その図案を越次教諭に委嘱したものです。

(昭和38年9月14日 初代校長 辻野鯛一)

 

小金井第二中学校校章 小金井第二中学校校章

 

校旗と由来

校旗は、創立10周年記念事業の一部として、めでたく新調をみたもので、その地色を栗色とし、日本の白線に二中「愛と学」・男女共学等の意味を持たせて、横に通し、旗竿寄りの情報4分の1の面に校章を配しました。また、旗の縦横の寸法は国旗にならって7対10とし、日本の横線の位置は黄金分割のびを取り入れて考えました。十周年記念事業として誠にふさわしく、有意義なことの一つと信じています。

(昭和38年9月14日 初代校長 辻野鯛一)

 

小金井第二中学校校旗 小金井第二中学校校旗